Welcome! GARY MOORE WEB SITE!
This site is the only unofficial site in Japan of great master "Mr.guitar crazy" Gary Moore of the Rock guitar world.

このサイトは、ギター界の巨匠 'Mr.guitar crazy' ゲイリー・ムーアのオフィシャル公認の非公式サイトです。

ゲイリーの魅力は、その表現豊かなギターテクニックに尽きるでしょう。「パワフル」、「スピード」、「メロディアス」、「泣きのギター」と全ての代名詞に当てはまる彼のギタースタイルに虜になった人は多いはずです。
そんなゲイリーの様々な情報を少ないながらも掲載していきたいと思いますので、ファンの皆さんの貴重な情報をお寄せ下さい。


どうもありがとうございました。(2005/04/09)

こんなものを作って送ってみました。

寄せ書き風でネタと時間が無いもんですからアルバムジャケをちりばめてみました(汗

大きさはB4サイズです。

結果、自分を含めて11名のメッセージを送りました。

メッセージを送って頂いた10名の方にはSanctuaryレコードから頂いた1999年のアルバム「A DIFFERNET BEAT」のプロモーションCDを全員にプレゼントいたします!メールにて連絡いたしますのでよろしくお願いします。


HAPPY BIRTHDAY GARY!(2005/04/05)

GARY53歳の誕生日おめでとうございます。

「HAPPY BIRTDAY SPECIAL!」でGARYへのお祝いのメッセージを頂いた方ありがとうございました。

編集してオフィシャルに送りたいと思います。

 


HAPPY BIRTHDAY SPECIAL(2005/03/28)

4月4日はGARYの誕生日です。そこで誕生日をお祝いして皆さんからのメッセージを募集してオフィシャルに送ろうという企画を考えてみました!皆さん、GARYに対する熱いメッセージをガンガン送りましょう!

特設ページはこちら(終了しました)


※英訳をしますので文字数に制限を設けてあります。


オフィシャルニュース(2004/04/19)

GuitarPlayer.comに掲載されたGARYのインタビューとMORでのイクイップメントを紹介します。

GuitarPlayer.comでのインタビュー

クラプトンやベックのようにブルース/ロックの伝統を受け継いでいるあなたのビブラートは、いつもすぐにあなたがプレイしていると分かるものです。
特徴あるビブラートというのは、自身の音を見つける一つのキーとなるのでしょうか?
そうだね。ビブラートというのは、プレーヤーの色をハッキリと示すものさ。プレイを学ぶ時は、しっかりとその事を頭に入れておくべきだ。好きなギタリストをコピーする事は大変良いことだけど、明確なビブラートがないと、簡単に人々は誰がプレイしているかを認識することは難しい。
最近のあなたの作品はブルースのエレメントを持っていますが、伝統的なブルースとハードロックの融合でもありますね。
トリオでスタートした際にヘビーな物をやりたくなったんだ。 トラディショナルなブルースフレーバーが入った物をね。 でもScarsでレコーディングをしていた2002年に、ベースのCass Louisが、さりげな く、彼の音楽的要素を少し入れてみてはどうだろうと言ったんだ。 CassはSkunk Anasieで培った素晴らしいハードロックエナジーを持ち込んだんだ。 で、考えたんだ、’かまわないんじゃないか?検討したって良いんじゃないか、やっ てみよう'ってね。冒頭でも言ったようにロック的なものを またやりたかったから ね。
でも80年代にやっていた物には戻りたくなかったんだ。

メタル的な物はやりたくなかったと言うことですね?


その通りだよ。ソロ時代の80年代にはね。自分が考えていた以上にメタルワールドに引っ張られていたからね、正直なところ。あの当時のヨーロッパはね、60年代後期の伝統的なブルースロックを持った者がギタリストとして生きていくにはメタルをやらなければならなかったんだ。皆そうだった。でも俺はこの世界には馴染んでいないって気づいたんだ。だからブルースに戻ったのさ。故郷に帰るようなものだよ。
思えばメタル的な物が現在の自分を悟らせてくれたんだよ。


ブルース的要素が いつもあなたのプレイに感じられました。あなたのテクニックはいつ頃形成されて行ったのでしょうか?

それは難しい質問だね。多分、70年代のCollosseumIIの頃かな。なぜかって言うとDon Aireyと沢山のユニゾン演奏するためにテクニックを付ける必要があったからね。


ロックのスペシャリストとして 現在のギタリスト達もあなたのようなキャリアを積むべきでしょうか?


それは分からないな。僕がプレイし始めた60年代は、ギターって言うのは人々にとってとても特別な物だったんだよ。そんなに多くのギタリストは居なかったからね。
付け加えるなら、僕が尊敬するジェフベック,エリッククラプトン,ジミヘンドリックス,ピーターグリーンは皆独自の音を持っていた。そういうものは現在のポピュラーミュージックでは聞けないだろ。

今日の若いプレーヤーにとっての主な不利なことは何だと思いますか?
沢山の物が溢れているよね。ギターを選ぶにしても、沢山の情報や選択肢がある。どんな種類のギターが良いのか、どのように学べば良いのか、誰を聞けば良いのか・・・キッズは自身のサウンドを見つける前に その様な物を掻き分けて進まなければならないんだ。悲しいことだよ。

でも、ポジティブな見方をすれば、沢山の素材が溢れているから僕たちが始めた頃からは200%のスピードで学べるはずだよ。話を戻すけどレコード買って、テレビやギグでプレイを見ることだよ。今はAからBへのポイントも素早く進めるはずさ。

自宅ではいつギターを弾きますか?

ジャズレコードをかけながら弾いてるよ。ジャズは誰の前でも弾かないだろうけどね。笑いものになりにロンドンの606ジャズクラブなんて行かないさ。(笑)ただ弾いてるだけだよ。僕はいつでも以前にプレイしたことが無い物に出会って驚いちゃうんだ。で、自分に それらの発見を取り入れるんだよ。ほら、いつでも学んでるんだよ。同じ事を続けても仕方ないだろ?
Equipment

Guitars: Gibson X-plorer, Gibson Gary Moore Signature Les Paul Standard (loaded with Tom Holmes humbuckers).
Amplifiers: Two Marshall DSL100s, each powering a single Marshall 1960BX 4x12 cab loaded with Celestion G12-75T speakers.
FX: DOD Supra Distortion, DOD Death Metal Distortion, DOD Mystic Blues Overdrive, Ibanez Chorus, Ibanez Delay III, Ibanez TS-10 Tube Screamer, Dunlop JH-1 wah, custom-built switching box (changes the DSL100’s channels and turns the amplifier’s reverb on and off).
Strings: Dean Markley Nickel Steel Electrics (.010, .013, .017, .030, .042, .052.)

Thanks To  http://www.guitarplayer.com


オフィシャルニュース(2004/05/17)

LIVEのスケジュールが発表されました。

6月(June)

26 Stormont Estate Belfast N.Ireland
27 Pearse Stadium Galway Ireland

7月(July)

18 Jazz-Groove Festival Wiesen Austria
26 Blue Balls Music Luzurne Switzerland

 


オフィシャルニュース(2004/04/30)

ニューアルバム「Power of the Blues」

1.    POWER OF THE BLUES ( G Moore/B Daisley/D Mooney)
 2.   THERE'S A HOLE (G Moore)
 3.   TELL ME WOMAN (G Moore)  
 4.    I CAN'T QUIT YOU BABY (Willie Dixon)
 5.   THAT'S WHY I PLAY THE BLUES ( G Moore)
 6.   EVIL (Willie Dixon)
 7.   GETAWAY BLUES  (G Moore/B Daisley/D Mooney)
 8.   MEMORY PAIN ( P Mayfield)
 9.   CAN'T FIND MY BABY  (G Moore)
10.  TORN INSIDE  ( G Moore)
Release Date

Europe -Sanctuary SANCD267 - June 7th, 2004
USA - Sanctuary - TBA
Japan-BMG-TBA
Gary Moore Vocals/Guitar
Bob Daisley Bass
Darrin Mooney Drums

Keyboards on 2, 5 and 9 by Jim Watson

Produced by Gary Moore and Chris Tsangarides.

Engineered by Chris Tsangarides, assisted by Richard Edgeler

Recorded at Sphere Studio One, London

Mixed by Chris Tsangarides & Gary Moore at Sphere Studio One. "There's a hole" mixed at Metropolis E.
Sanctuary Recordsから6月7日にGary Moore「POWER OF THE BLUES」がリリースされます。新しいアルバムはGARYが’90年代にプレイした正統派ロック・ブルースのようです。

 


オフィシャルニュース(2004/02/28)

ニューアルバムは5月に!!!

既にDarrin Mooney(Dr)とBob Daisley(B)とでレコーディングされているニューアルバムは5月末に向けてリリースされる模様です。

雑誌等のインタビュー等でも話している通りアルバムの内容はスタンダードなブルースとオリジナルブルースロックで10曲の収録予定だそうです。


「ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック」国内発売再延期!(2004/02/20)

2月21日に発売が延期になっていた「ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック」DVDですが3月24日に延期されました。大丈夫かぁ・・・・。


「ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック」国内発売延期!(2004/01/21)

1月21日国内リリース予定の「ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック」DVDですが2月21日に延期されました。


最新情報!(2004/01/14)

GARYは手の怪我を契機にマネージメントとオフィスを変更した模様です。オフィスは移転中との事です。
こういう事情によりオフィシャルサイトのアップデートが出来ていないとのことです。

GARYはBURRN!, YOUNG GUITAR ,Strange Daysのインタビュー取材を受けて終了している模様です。恐らく次回作のインタビューだと思います。来月くらいの雑誌にはこのインタビューが掲載されると思います。皆さん要チェック!!!

Specal Thanks To  まー坊さん


「ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック」2004.1.21 国内発売!!!(2003/12/30)

待ちに待った「ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック」DVDが1月21日ビクター・エンターテイメントより発売になります。

ゲイリー・ムーア「ライヴ・アット・モンスターズ・オブ・ロック」
2004.1.21発売/DVD/VIBP-22/\4,800予(税抜)
モンスターズ・オブ・ロック・ツアーのセットを完全収録したほか、サウンド・チェック時からのドキュメンタリー、さらにはバック・ステージにおける貴重なインタビューも収録。


SCARS解散!?(2003/12/25)

公式じゃありませんが、どうやらScarsが解散した模様です。
BASSのCassが脱退しボブ・ディズリィがの加入は決まったみたいです。
GARYはバンド名では今後は活動せず、個人名に戻すとのことです。ニューアルバムのレコーディングに入ってるようですがどのような内容になるのかは不明ですが、ボブの加入でROCKであることは間違いなさそうです


コンテンツ「RARE THING OF GARY」に新しいコンテンツ特集「ゲイリームーアファンクラブ」会報誌「MoreCrazy」へのリンク復活! (2003/12/15)

「ゲイリームーアファンクラブ」会報誌「MoreCrazy」へのリンクを復活しました。同時に「MoreCrazyインプレッション」なるBBSを設置、感想などを書き込めるようにしましたので皆さん書き込みしてくださいね。


手の怪我について(2003/09/06)

心配されていた手の怪我についてですがオフィシャルによれば治療はうまくいっており1、2ヶ月で復帰できるのでは・・・ということです。

しかし、怪我の多い人だぁ・・・・・。


DVD リリース!!!!(2003/09/6UPDATE)

Gary Moore - Live At Monster's Rock 

1. Shapes of Things
2. Wishing Well 3. Rectify
4. Guitar Intro
5. Stand Up
6.Just Can’t Let You Go
7. Walking By Myself 8. Don’t Believe  A Word
9. Out In The Fields
10. Parisienne Walkways

 

EU - Sanctuary VisualEntertainment- SVE3049

 

モンスターズ・オブ・ロックのDVDが10月6日にヨーロッパでリリースされます。

5月21日シェフィールド、Hallam FMでの公演の模様でGARYのインタビューやサウンドチェックも収録されています。

久々にROCKなGARYに会えますね!!!!


LIVEアルバムリリース!!!(2003/07/23)

モンスターズ・オブ・ロックのLIVEがCD化される模様です。

"Live at the Monsters Of Rock"   Sanctuary Records (SANCD215) -2003.09.1.

1. Shapes of Things
2. Wishing Well 3. Rectify
4. Guitar Intro
5. Stand Up
6.Just Can’t Let You Go
7. Walking By Myself 8. Don’t Believe  A Word
9. Out In The Fields
10. Parisienne Walkways
 

グラスゴーでのLIVEのようです。いよいよハード路線復活か!NEW ALBUMが期待できますね。


オフィシャルニュース(2003/07/02)

夏のフェスティバルキャンセル・・・

手の腱のけが好転しない事により夏のフェスティバル全てがキャンセルとなりました。

不運にも手のけがによりモンスターズ・オブ・ロック最終公演を出演せずにいましたが状態は好転せず、リハーサルをすることにより悪化させるよりは休息するようにと言われたそうです。

GARYは励ましのメッセージを頂いたことに感謝しており、モンスターズで演奏していた現在のセットリストをけがにより演奏できなくなった事を残念に思っているそうです。ダブリン公演は多くのファンがいる事を分かっていますのでダブリンでの再公演、アイルランドツアーを計画するそうです。

モンスターズオブロックDVDリリース

Sheffieldでの公演の模様が5.1DVDでリリースされるようですがリリース日は不明です。


コンテンツ「RARE THING OF GARY」に新しいコンテンツ特集「ゲイリームーアファンクラブ」会報誌「MoreCrazy」へのリンクを追加。 (2003/06/12)

あの幻の日本にしか存在しなかったオフィシャルファンクラブ「ゲイリーームーアファンクラブ」の会報誌をPDFで閲覧できるページを作成しました。


オフィシャルニュース(2003/05/26)

5月25日のダブリン(Dublin  The Point)でライブがキャンセルされたようです。

どうやら、GARY手に怪我をしたとのこと。残念です。


セットリスト追加情報!(2003/05/17)

5月15日の Manchester Arena(未確認)のライブではなんと「Back On The Streets」もプレイしたそうです!やったぁ〜!


祝!大ニュース!HRのゲイリーが復活!!!(2003/05/15)

5月からスタートしているモンスターズ・オブ・ロックにゲストとして参加しているGARYですがそのセットリストが届きました!

Shapes Of Things from VICTIMS OF THE FUTURE
Wishing Well from CORRIDORS OF POWER
Rectify from SCRAS
Stand Up from SCRAS
Just Can't Let You Go from SCRAS
Walking By Myself from STILL GOT THE BLUES
Don't Believe A Word from Thin Lizzy  "Johnny the Fox".
Out In The Fields from RUN FOR COVER
Parisienne Walkways (Encore) from BACK ON THE STREETS

予告通りHRファンが泣いて喜ぶセットリストです!SCARSからのナンバーのよりハードな曲の選択ですね。ここまでくるとどんどん欲がでちゃうのは私だけ?(笑 次回のニューアルバムはHR復活!?


オフィシャルニュース(2003/03/18)

ツアー情報

モンスターズ・オブ・ロック・ツアー追加 May 25  Dublin  The Point

サマーフェスティバル Summer Festivals

July 19

Bikers Festival

Faro

Portugal


オフィシャルニュース(2003/03/17)

モンスターズ・オブ・ロックでのセットリスト!!!

モンスターズ・オブ・ロックのツアーでのセットリストでファンが驚くような古いナンバーをプレイする計画があるそうです。某紙のインタビューにもあるようにThin lizzyのメンバーがプレイされるんでしょうかね?ちょっとやそっとじゃ驚きませんが(笑 期待度100%!!!


朗報!!!"Monsters of Rock" UK tour 2003にスペシャルゲストとして参加決定!!!!(2003/02/08)

Gary,Cass,Darrinは2003年5月から開催される"Monsters of Rock" UK tour 2003にスペシャルゲストとして参加することが決定しました。

メインアクトはホワイト・スネイク(Whitesnake)とグレートホワイト(Great White)です。GARYがロックフェスティバルに帰ってきました!

Mon  12th   Brighton Centre          
Tue 13th    Bournemouth BIC          
Thurs 15th  Manchester Arena         
Fri 16th    Birmingham NEC           
Sat 17th    Wembley Arena            
Mon 19th    Cardiff International Arena   
Wed 21st    Sheffield Hallam FM Arena     
Thurs 22nd  Glasgow SECC                  
Fri 23rd    Newcastle Telewest Arena     

MONSTERS OF ROCK PRESS RELEASE

WHITESNAKE and GARY MOORE

Monsters of Rock are back on-the-road again. This second 9 date UK Tour in May features the mighty Whitesnake (with David Coverdale) and Gary Moore with a third band still to be announced.

To celebrate the 25th Anniversary of Whitesnake and 6 years since their last British Tour, Whitesnake, who are currently touring in the USA, return to the UK with an exciting new line-up, currently captivating the colonies, for the Monsters of Rock shows in May. The band will feature the inimitable David Coverdale (Whitesnake, Deep Purple, Coverdale Page) on vocals, Doug Aldrich  (Dio, Lion, Burning Rain) and Reb Beach (Alice Cooper, Dokken, Winger) on Guitar and vocals, Timothy Drury (Eagles, Don Henly) on keyboards and vocals, Marco Mendoza (Ted Nugent, Thin Lizzy) bass and vocals and on drums Tommy Aldridge (Whitesnake, Ozzy Osbourne, Thin Lizzy). The band have both a Best of Whitesnake and a 25 Year Anniversary double album coming out soon through EMI Records. They will be performing material from across their catalogue including 'Here I Go Again' ,'Walking In The Shadow Of The Blues'...'Still Of The Night'...'Ain't No Love In The Heart Of The City'. Members of the 'Whitesnake Choir' are respectfully requested to know ALL the words!!!

 On the back of his recent 'Scars' album Gary Moore returns to the UK to play a set of old and new material including 'Still Got The Blues (For You)' from the 1990 album of the same name which sold over 3 million units worldwide. Having graced the line-ups of Skid Row, Thin Lizzy and Colosseum II (to name but a few) over the years, Moore last year formed power trio Scars with ex-Skunk Anansie bassist Cass Lewis and Primal Scream drummer Darrin Mooney and is now going back to his roots for The Monsters of Rock Tour in May. The band line-up for this tour will include Cass and Darrin.

 


リマスター版 ボーナストラック一部変更!!(2002/10/23)

10月30日発売(発売日変更)のリマスターですが、ボーナストラックのリストが一部変更になりました。

CORRIDORS OF POWER」には浜田麻里に提供した「Love Love Love」の原曲と言われる「Love can make you a fool of you 」が収録!!!

CORRIDORS OF POWER Love can make you a fool of you   追加
AROUND NEXT DREAM Walk Up This Morning          削除
BLUES FOR GREENY The World Keeps On Turning(Acoustic Version)  削除
DARK DAYS IN PARADISE Burning In Our Hearts

Beast Of Burden

削除

オフィシャルニュース(2002/09/13)

「BACK TO THE BLUES」DVD AUDIO発売

8月13日アメリカのSliverline Recordsからアルバム「BACK TO THE BLUES」のDVD AUDIOがリリースされました。

入手先はSliverlineのWebサイト又はAmazon.comにて注文可能のようです。

DVD AUDIOの特徴

*24bit/96kHz DVD-Audio and 24bit/48kHz Dolby Digital 5.1 options
*Stunning 5.1 surround sound
*Liner Notes
*静止画・動画収録(このアルバムに収録されているかは不明です)

 


オフィシャルニュース(2002/09/02)

ニューアルバム「SCARS」ヨーロッパでリリース!

ここからECardに行けます。サンプルも聴けますよ!!!!


オフィシャルニュース(2002/08/18)

ZZ Topのツアーにスペシャルゲストとして参加!

ツアースケジュールは以下のとおり

European Tour October 2002,as special guest of ZZ Top

1 Hartwall Arena Helsinki Finland
3 Hovet Stockholm Sweden
5 Alborg Arena Alborg Denmark
7 Falkoner Copenhagen Denmark
8 Sporthalle Hamburg Germany
10 Arena Berlin Germany
11 Messehalle Leipzig Germany
12 Jahrhunderthalle Frankfurt Germany
14 Le Zenith Paris France
15 E-Werk Saarbrucken Germany
16 Forest National Brussels Belgium
18 Grugahalle Essen Germany
19 Olympiahalle Munich Germany
20 Schleyerhalle Stuttgart Germany

10〜11月のUKツアーのスケジュールは以下の通りです。

10月(October)

30 City Hall Sheffield UK
31 Civic Wolverhampton UK

11月(November)

2 Apollo Manchester UK
3 Rock City Nottingham UK
5 City Hall Newcastle UK
6 Barrowlands Glasgow UK
8 Guildhall Preston UK
9 Royal Court Liverpool UK
20 Dome Bristol UK
23 Leisure Centre Gloucester UK
24 Apollo Oxford UK
26 UEA Norwich UK
27 Guildhall Portsmouth UK
29 Lees Cliffe Hall Folkestone UK
30 Academy Brixton UK

未発表の曲がアイルランドのチャリティCDに収録される。

アルバム「Back To The Blues」に収録されなかった「Livin' with the Blues」が9月6日に発売されるチャリティーコンピレーションCDに収録される。このCDはアイルランドの精神衛生関係団体のウィックロー精神衛生協会 (Wicklow Mental Health Association)を援助する為に発売されるようです。CDは9月6日からアイルランドで10,000枚限定で発売されます。

【参加ミュージシャンとリスト】

Bob Geldof - "Fall Down."
U2 - "If God Will Send His Angels."
Gary Moore - "Living With The Blues."(Previously unreleased)
Van Morrison - "Melancholia."
The Cranberries - "Shattered." (Previously unreleased version)
Chris de Burgh - "When I Think Of You."
Sinead O'Connor - "Petit Poulet."
Paul Brady - "Oh What A World."
Louis Stewart - "Yesterdays."
The Corrs - " What Can I Do?"
Ash - "Shining Light."
Clannad - "Something To Believe In."
Donal Lunny - "Declan."
Alan Hayes - "Sound Minds Andante."
Bernie Philbin - "Life."
Brian Kennedy - "Lost."

GARY参加の"From Clarksdale to Heaven - Remembering John Lee Hooker"9月24日リリース。

【トラックリスト】

Zakiya Hooker/Johnnie Johnson/Bobby Murray - I Want To Hug You
Jack Bruce/Gary Moore - I'm In The Mood
LLC - Bad Like Jesse James
Jeff Beck - Will The Circle Be Unbroken
Gary Brooker/Andy Fairweather-Low - Baby Lee
T.S. McPhee/Dick Heckstall-Smith - Ground Hog Blues
Mick Taylor/Max Middleton - This Is Hip
Peter Green Splinter Group - Crawlin' King Snake
T.S. McPhee/Dick Heckstall-Smith/Clem Clempson - I'm Leaving
Gary Brooker/Andy Fairweather-Low - Little Wheel
Greggs Eggs - The Business
Jeff Beck - Hobo Blues
Gary Moore/Jack Bruce - Serve Me Right To Suffer
Bonus Track John Lee Hooker/Booker T/Randy California - Red House (previously unreleased)

ドラムスにGary HusbandでGARYとJack Bruceが2曲参加しています。


コンテンツアップデート(2002/08/17)

コンテンツ「GUITAR」に「SCORE」を追加しました。近所のおっさんさんのご協力によりギター譜、バンスコの一覧を掲載しました。Specal Thanks To 近所のおっさんさん


リマスター版 10月25日発売!しかもボーナストラック収録!!!(2002/08/16)

「CORRIDORS OF POWER」〜「Dark Days In Paradise」、BBM「AROUND THE NEXT DREAM」までのアルバムのリマスター版が東芝EMIから10月25日に発売になります。しかも各アルバムにボーナストラックが収録されています!これはお得です!

ボーナストラック一覧

CORRIDORS OF POWER TOCP53262 Falling In Love With You(Remix Version)

Falling In Love With You(Remix Instrumental)

ROKIN' EVERY NIGHT LIVE IN JAPAN TOCP53263 Back On The Streets(Another Live Version)

Rockin' Every Night(Another Live Version)

Parisienne Walkways(Another Live Version)

VICTIMS OF THE FUTURE TOCP53264 Devil In Her Heart 

Brinder

Empty Rooms('84 remix)

WE WANT MOORE! TOCP53265 Parisienne Walkways
RUN FOR COVER TOCP53266 Still In Love With You

Stop Messin' Around(Live)

Murder In The Skies(Live)

WILD FRONTIER TOCP53267 The Loner(Extended for the cassette Remix)

Out In The Fields(Live)

All Messed Up(Live)

AFTER THE WAR TOCP53268 Emerald

Livin' On Dreams(7inch Remix)

Over The Hills And Far Away(Live)

Ready For Love(12inch Remix)

Miritary Man(Live)

Wild Frontier(Live)

STILL GOT OF THE BLUES TOCP53269 Left Me With The Blues

Farther On Up The Road

Mean Cruel Woman

The Sky Is Crying

AFTER HOURS TOCP53270 All Time Low(Extended)

Walk Up This Morning

Moving On Down The Road

Don't Start Me To Talking

Once In The Bule Mood

BLUES FOR GREENY TOCP53272 The World Keeps On Turning(Acoustic Version) 

The Same Way(Acoustic Version)

Stop Messin' Around(Acoustic Version)

AROUND THE NEXT DREAM  TOCP53271 Danger Zone

Walk Up This Morning

The World Keeps On Turning

Still On Top Of The World(Live)

I Wonder Why (Are You So Mean To Me?)(Live)

DARK DAYS IN PARADISE TOCP53273 Burning In Our Hearts

There Must Be A Way

Beast Of Burden


ニューアルバム情報!(2002/08/16)

ニューアルバム「SCARS」日本正式リリース 9月21日!

以下はビクターエンタテインメントのHPより抜粋

ゲイリー・ムーア「スカーズ」
2002.9.21発売/CD/VICP-61894/\2,400(税抜)
ロック・ギタリスト、ゲイリー・ムーア遂に復活!今作はバンドをスリー・ピースにし、前作よりもロッキーでメタル寄りのアルバムに!


ニューアルバム情報!(2002/08/07)

「BURRN!」2002年9月号(8/5発売)にインタビュー掲載。

ゲイリー・ムーアが“ロック・バンド”SCARS結成! 人間国宝ギタリストは何を目指す…!?」

このインタビューでまず今回のニューアルバム「SCARS」に参加したメンバーとロックバンド「SCARS」を結成したとのことです。ベースにCass Lewis、ドラムスDarrin MooneyのBBMと同じトリオ編成。しかしBBMとは全く違い、もっとBANDしているらしいです。 メンバーの意見も無視せず取り入れているとか・・・。ライブでもキーボードを加えずトリオ編成でやっていくと言ってます。このベーシストのCassがかなり音の面などでGARYに影響を与えているらしく彼がGARYに「もっと弾きまくろう!」、「日本、韓国に行ってプレイしてもっと知ってもらおう」とけしかけているようです。この調子でけしかけてもらったら「日本ツアー」も夢じゃありませんね。

 SCARS

Guiter: Gary Moore
Bass: Cass Lewis 
Drums: Darrin Mooney 

ニューアルバムの日本発売は9月4日のようです。


UKツアーセットリスト (2002/07/27) from GAZ

7/19のポーランドのセットリストを紹介します。アンコールに「Paris〜」、「The Prophet」が演奏されてないようです。今回のツアーでアンコールにセットされている曲が気になります。ニューアルバムが楽しみです。

July 19th - Spodek show, Katowice, Poland 

1. Oh Pretty Woman 
2. When The Sun Goes Down 
3. Cold Black Night 
4. Stormy Monday 
5. World Of Confusion 
6. Just Can't Let You Go 
7. Walking By Myself 
8. All Your Love 
9. Still Got The Blues 
10. Since I Met You Baby 
11. Ball and Chain 
12. Fire 

Encore
World Keeps Turnin' Round 
Who Knows (What Tomorrow Will Bring)? 


ニューアルバム情報!(2002/07/27) from GAZ

待望のニューアルバムについての情報です。アルバムタイトルは「SCARS」。意味は「傷跡」でしょうか?なかなかロックしてますね。噂ではかなりヘビーロックな音らしいです。期待してますよ〜

リリース
日本:2002/08/21
ヨーロッパ:2002/08/26
(オフィシャルからの情報ではないので変更になるかもしれません。9月という説も・・・)

アルバムタイトル「SCARS」 

Catalog number: SANCD120 
Produced by Chris Tsangarides and Gary Moore 

Guiter:Gary Moore
Bass:Cass Lewis 
Drums:Darrin Mooney 
1. When The Sun Goes Down 
2. Rectify 
3. Wasn't Born In Chicago 
4. Stand Up 
5. Just Can't Let You Go 
6. My Baby (She So Good To Me) 
7. World Of Confusion 
8. Ball And Chain 
9. World Keep Turnin' Round 
10. Who Knows (What Tomorrow Will Bring)?

オフィシャルニュース(2002/06/03)

ツアーが追加されました。以下のとおりです。

2002/7/19 Spodek show Katowice, Poland
2002/7/20 Harley Davidson Show Karpacz, Poland
2002/8/9 Danmarks Smukkeste Festival Skanderborg, Denmark
2002/8/10 Bulldog Bash Long Marston,England

オフィシャルニュース(2002/06/03)

Guitarist Icons

イギリスの「Guitarists」http://www.guitarist.co.uk/からGibson Les Paulを特集した「Guitarists Icons」が発売されます。この本の付録のCDにレスポールの代表的な曲としてGARYの「Parisienne Walkways」が収録されています。他はLedZeppelin「 Heartbreaker」, Fleetwood Mac's「 Stop Messin' Round」 

UK Tour Dates 2002(2002/05/07)

2002/10/30  WED Sheffield City Hall 
2002/10/31  THU Wolverhampton The Civic Hall
2002/11/02  SAT Manchester Apollo Theatre
2002/11/03  SUN  Nottingham Rock City 
2002/11/05  TUE  Newcastle Newcastle City Hall
2002/11/08  FRI Preston Preston Guildhall
2002/11/09  SAT Liverpool  Royal Court Theatre
2002/11/20  WED  Bristol Colston Hall
2002/11/21  THU  Brighton Brighton Dome
2002/11/23  SAT Gloucester Gloucester Leisure centre
2002/11/24  SUN  Oxford Oxford Apollo
2002/11/26  TUE  Norwich Norwich U.E.A.
2002/11/27  WED  Portsmouth Guildhall
2002/11/29  FRI  Folkestone Leas Cliff Hall
2002/11/30  SAT  London Brixton Academy

 


オフィシャルニュース(2002/04/30)

Tour Dates 2002

2002年10月〜11月にニューアルバムのUKツアーが始まるようです。


オフィシャルニュース(2002/04/30)

Summer Festivals

2002/06/29 Lakeside Blues Festival Finland
2002/07/05 Skaanevik Blues Norway
2002/07/06 Wrightegaarden,  Norway

オフィシャルニュース(2002/04/30)

NEW ALBUM リリース!!!

ニューアルバムが2002年9月にリリースされるようです。現在、ベーシストのCass LewisとドラムのDarrin Mooneyとで製作中です。内容としては今までのブルースよりROCKなアルバムらしいです。かなりジミヘン(Jimi Hendrix)に影響を受けたサウンドになるかも・・・・?

A new studio album is due for release by Sanctuary Records (SANCD120), September 2002. It will be produced by Gary Moore, co-produced and engineered by Chris Tsangradies, and mixed by  Chris Tsangradies & Gary Moore.
Gary Moore Vocals/guitar, Cass Lewis Bass, Darrin Mooney Drums


オフィシャルニュース(2001/12/28)

2002年1月28日にVirgin Recordsから「The Best Of The Blues 」が発売される予定です。最初のリリースはライブ音源のボーナストラックが含まれるらしいです。

CD 1                                                                 CD 2 
  1. Walking By Myself 
  2. Oh Pretty Woman  (Featuring: Albert King) 
  3. Still Got The Blues 
  4. Separate Ways 
  5. Since I Met You Baby  (Featuring: BB King) 
  6. Story Of The Blues (Single Edit) 
  7. All Your Love
  8. Too Tired (Featuring: Albert Collins) 
  9. Need Your Love So Bad (Single Edit) 
10. Midnight Blues 
11. King Of The Blues 
12. Jumpin' At Shadows 
13. Texas Strut 
14. Moving On 
15. Stop Messin' Around 
16. Parisienne Walkways 
17. The Supernatural
  1. Caldonia (Live) (Featuring: Albert Collins & Albert King) 
  2. You Don't Love Me (Live)
  3. Key To Love (Live) 
  4. The Thrill Is Gone (Live)  (Featuring: BB King)
  5. Stormy Monday (Live)  (Featuring: Albert King)
  6. Cold Feeling (Live)  (Featuring Albert Collins)
  7. Further Up The Road (Live)     (Featuring: Albert Collins) 
  8. The Stumble - (Live)
  9. Oh Pretty Woman (Live)
10. Walking By Myself (Live)
11. Too Tired (Live)
12. Still Got The Blues (Live)
13. All Your Love (Live)
14. Midnight Blues (Live)

  


オフィシャルニュース(2001/09/07)

"Back to the Blues" UK Autumn Tour 2001

残されたUKツアーにColin Hodgkinson(Back Door, Whitesnake)がオープニングアクトをつとめるようです。


オフィシャルニュース(2001/07/18)

フィンランドでのPori Jazz Festival(7/20、21)への出演がキャンセルされる。


オフィシャルニュース(2001/07/13)

イギリスでのLiverpool Kings Dock(7/13)への出演がキャンセルされる。


オフィシャルニュース(2001/07/09)

ジャック・ブルースのアルバム 、"Shadows in the Air" は7月9日に、 Sanctuary レコードからリリースされた。 ゲイリーは、2曲プレイしています。


オフィシャルニュース(2001/06/27)

CMC / BMG(US)Single リリース。

Tracks:
- Picture Of The Moon (Single Edit)

(2 Tracks Live at the VH1 Studios London, UK - February 2001)
Stormy Monday
Cold Black Night


オフィシャルニュース(2001/05/31)

アテネ (Athens) ショーがキャンセルされる。

ゲーリーは、耳の病気にかかったそうで、その為にアテネで6/1に予定されていたAthens Blues Festivalへの出演がキャンセルされました。

大事に至らなければ良いんですが・・・。


コンテンツ「RARE THING OF GARY」にJAPAN TOUR'84&'85のUDOのチラシをUP! (2001/05/31)


オフィシャルニュース(2001/05/28)

悲報。Tommy Eyre(トミー・アイアー),癌で他界。

「Corridors of Power」・「After Hours」・「Blues Alive」・「Ballads and Blues」・「Blues for Greeny 」などのアルバム、BBMのツアー参加などゲイリーを数多くサポートしていたキーボードプレイヤー、Tommy Eyre(トミー・アイアー)はかねてから癌(食道癌)と戦っていましたが、2001年5月23日の朝、お亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。


オフィシャルニュース(2001/04/12)

今年7月までのイベントのスケジュールが発表されました。

2001/06/01
Athens Blues Festival Athens Greece

2001/06/08
Sweden Rock Festival Solvesborg Sweden

2001/06/09
Rock under the Bridge Middlefart Denmark

2001/06/14
Grand Rex Theatre Paris France

2001/06/16
Fleadh Finsbury Park, London England

2001/06/22
Stadtpark Hamburg Germany

2001/06/23
Wurth Open Air Kunzelsau-Gaisbach, Near Stuttgart Germany

2001/07/06
Montreux Jazz Festival Montreux Switzerland

2001/07/08
New Bagnols Blues Festival Bagnols sur Ceze France

2001/07/12
Chichester Festival Chichester, Sussex England

2001/07/13
Liverpool Docks Liverpool England

2001/07/20
Pori Jazz Festival Pori Finland

2001/07/21
Pori Jazz Festival Pori Finland


official GARY MOORE WORLD WIDE WEB SITEにLINKしていただきました!(2001/03/20)

オフィシャルの「GM Links」に「Japanese Web site with English BBS」という事でリンクしていただきました。Thank you.!!!


オフィシャルニュース(2001/03/19)

CDNOWAMAZON.COMでNEW ALBUM「Back to the Blues」のサンプルクリップが聴けます。

検索にて "Gary Moore"をタイプしてください。


オフィシャルニュース(2001/03/19)

以下のサイトでGARYのツアー商品を売っているようです。

Blue Grape

http://www.bluegrape.gb.com/clientshop.asp?ClientId=61


オフィシャルニュース(2001/03/15)

GARY参加のJOHN MAYALL & FRIENDSのニューアルバム「ALONG FOR THE RIDE」、5月8日リリース

参加ミュージシャンは以下の通り

Billy Gibbons,Peter Green,Mick Taylor,Mick Fleetwood, John Mcvie & Billy Preston, Jonny Lang, Steve Miller, Steve Cropper, Otis Rush, Gary Moore, Jeff Healey, Reese Wynans , Shannon Curfman.


オフィシャルより (2001/03/07)

VH-1

2001年2月28日、ゲーリーはVH-1スタジオにおいて、ロンドンでの放送のために以下の曲を記録した。

Enough of the Blues
Cold Black Night
Stormy Monday
Picture of the Moon
Walking by Myself
Still got the Blues & Parisienne Walkways


同時に新しいアルバムと今度のUKツアーについてインタビューされた模様。

Swedish TV
3月3日、ゲーリーは、スウェーデンのテレビ・ショー「 BingoLotto 」にて2曲演奏するようです。


オフィシャルより (2001/03/07)


2001年2月21日、 London clubにてニューアルバムの発表LIVEが行われた模様。
1000人の友人たちとファンの特別に招待された聴衆の前にて、ゲーリーは今度のCD「Back to the Blues」から演奏した。1時間45分で演奏されたセットリストは以下のとおり。

Enough of the Blues *
Cold black night *
You upset me baby *
Stormy Monday
I ain't got you *
Picture of the moon *
Looking Back *
How many lies *
All your love
Walking by myself
Still got the blues
Too Tired
The Sky is crying
Further on up the road
アンコール
Since I met you baby
The Prophet *

*New Alubum

バンドのメンバーはニューアルバムレコーディング時と同じメンバーだったようです。
セットリストはUKツアー時には変更になるかもしれないとの事です。
ゲーリーはロンドンで間もなくVH-1スタジオに入って、3月と4月の間に見せられる多くLIVEの模様をを記録することになっているようです。


各種音楽誌に掲載されるようです。(2001/02/23) 

ある情報筋によると今回発売されるNEW ALBUM 「BACK TO THE BLUES」のプロモーションとしてプレイヤー誌は既に現地取材を決定しておりBURRN!・ヤングギター・ギターマガジンなども現地取材・インタビューを掲載する方向のうようです。

かなり今回はビクターさんも力を入れているようです。ひょっとすると来日もありえるかも・・・。是非期待しましょう!

Specal thanks to ひとみさん


NEW ALBUM 「BACK TO THE BLUES」リリース日決定!!!

ニューアルバム タイトル「BACK TO THE BLUES」のリリース日とトラックリストが発表されました。

US release 2001年3月20日
Japan release
2001年3月28日

BACK TO THE BLUES

Track Listing and Credits

1. Enough of the Blues
2. You Upset Me Baby
3. Cold Black Night
4. Stormy Monday
5. Ain't Got You
6. Picture of the Moon
7. Looking Back
8. The Prophet
9. How Many Lies
10. Drowning in Tears

Produced by Gary Moore
Co-Produced and engineered by Chris Tsangradies

Mixed by Chris Tsangradies & Gary Moore

Gary Moore Vocals/Guitar
Pete Rees Bass
Vic Martin Keyboards
Darrin Mooney Drums

Recorded at Music Bank's Waterloo Sunset Studios,
Mixed at Sarm West Studios

All photos Gered Mankowitz
Artwork design: GaryMoore/Bill Smith Studio

Sanctuary Music SANCD 072


ニューコンテンツ!「GARY MOORE FAN MAP」OPEN!!!(2001/01/27)

「GARY MOORE FAN MAP」は多機能ゲストブックでGARYの全国制覇の状況やお気に入りのアルバムの集計をみる事が出来ます。みなさん是非書き込んでGARY全国制覇を達成しよう!!!


「LINKS」に追加(2001/01/27)


「LINKS」に追加(2001/01/17)


BBSのEnglishバージョン追加しました!(2001/01/15)

English対応のBBS作りましたので英語の方是非書き込んでください(笑)


オフィシャルからNEWS!2001年1月12日

John Mayallのアルバム「Along for the Ride」はEagle Recordsから3月から4月に発売のようです。日本での発売は不明ですね。


オフィシャルからNEWS!2001年1月3日

新しいブルースアルバムについて

新しいアルバムは、 Sanctuary レコード (Sanctuary Records) によって、どうも2月の終わりにリリースされるようです。アルバムは、 TLAudio Valve Technology Consoleを使って、Chris Tsangarides によって2000年9月から11月の間に録音されたようです。 TLA Web サイトにおいて読むことができます。 トラックリストとミュージシャンのラインナップが数週間後に発表されるようです。 アルバムでは2000年の間に生でプレーされたいくつかの線路のようです。

John Mayallのアルバムに参加
ゲーリー は今度のJohn Mayallのアルバムに1曲参加するようです。リリースは4月ごろの予定です。

ジャック・ブルース のアルバムに参加
ちょうどクリスマスの前に、ゲーリーは新しいジャック・ブルースのアルバムで2曲プレーしたようです。 これは春にリリースされるようです。


新世紀おめでとうございます。A HAPPY NEW CENTRY!


新ドメインにてスタート!(2000/09/12) http://www.gary-moore.net/


「ALBUM」にセッションアルバムを追加!(2000/08/12)


GIBSONよりシグネイチャー・モデルがアナウンスされました!(2000/08/03)

「ゲーリー・ムーア・ (Gary Moore) 署名レス・ポール (Les Paul) 」ギターは2001年1月にウィンター NAMM (Winter NAMM) ショーにおいて公式に着手されるであろう」ということです。(オフィシャルより)

シグネイチャー・モデルの仕様


HISTORYをUP!(2000/05/29)

やっとHISTORYを更新しました。でも1994年止まりです(涙)


コンテンツ「RARE THING OF GARY」にあの「ゲイリームーア・ファン・クラブ」の会員証と会報をUP! (2000/03/21)

あの幻のゲイリームーアFCの会員証と会報をUPしました。この会報が結構おもしろいですよ。全ページUPしています。

としりーさんどうもありがとうございました(^。^)


THE GUITARSをUP!(2000/01/27)

やっとコンテンツらしくなりました。


2000年のヨーロッパツアーの日程が発表されました。(2000年1月6日)

3月10日 Elysee Montmarte (Elysee Montmarte) 、パリ (Paris) 、フランス (France) 3月13日 Grosse Freiheit (Grosse Freiheit) 、ハンブルグ (Hamburg) 、ドイツ (Germany) 3月16日 Stadhalle 、 Lichtenfels 、ドイツ (Germany) 3月17日 Stadhalle 、 Offenbach 、ドイツ (Germany) 3月19日のE - werk 、ケルン (Koln) 、ドイツ (Germany) 3月20日 Columbiahalle 、ベルリン (Berlin) 、ドイツ (Germany)


2000年を迎えました!これからも GARY MOORE WEB SITE! をよろしくお願いします。

オフィスSITEから2つニュースです。

ギブソン社から「USA Legends」賞を受賞!

ゲイリー はギブソン (Gibson) で演奏しているギタリストとして、ギブソン Guitar の会社 (Gibson Guitar Company) から「 USA Legends」賞を受け取った。そして”Gary Moore Signature Les Paul Standard”が2000年なかばまでに発売される模様。

Guitarists of the Millennium, Top 100 15位!!!

UKのギター雑誌「Guitar Magazine」での世論調査で「Guitarists of the Millennium, Top 100」で堂々の15位を獲得!


待望のNEW ALBUM 「A DIFFERENT BEAT」12月1日発売!

1. Go On Home
2. Lost In Your Love
3. Worry No More
4. Fire (Jimi Hendrix Cover)
5. Surrender
6. Houseful Of Blues
7. Bring My Baby Back
8. Can't Help Myself
9. Fatboy
10. We Want Love
11 Can't Help Myself (E-Z Rollers Remix)



BBS変更しました。(1999/11/26)  過去ログはこちらです。

レンタルBBSサーバーがデータを消滅(^_^;)させてしまったのでBBS変更しました。皆様の変わらぬカキコお待ちしております。


GARY,左手中指を怪我し、ヨーロッパツアーキャンセル!NEW ALBUM、日本での発売12月1日に延期!

原因は不明ですけど、左手の中指をケガをし年内のヨーロッパツアーはキャンセルされたようです。詳しくはオフィシャルをご覧ください。

11月20日発売予定のNEW ALBUMはどうやら12月1日に延期されたようです。んー残念・・・・・。


NEW ALBUM 「A DIFFERENT BEAT」,日本発売11月20日!!

待望のNEW ALBUM、日本発売が11月20日に決定!ボーナストラックも入ってます。今から楽しみです。


TOP5をUP!(1999/10/18)

トシリーさんの投稿(SINGLE)を掲載!


TOP5をUP!(1999/10/02)

SINGLE TOP5を追加!まー坊さんの投稿(ALBUM・SINGLE)を掲載!


OFFICAL SITE「GARY MOORE WORLD WIDE WEB SITE」がOPEN!!!!

http://www.gary-moore.com/

待望のオフィシャルサイトが開設されました。コンテンツも結構おもしろそう。今後が楽しみです。頑張れ!GARY!


「ALBUM」にNEW ALBUM「A DIFFERENT BEAT」を追加!(1999/09/23)

9月27日発売の「A DIFFERENT BEAT」のイメージとトラックを掲載しました。


 コンテンツに「RARE THING OF GARY 」を追加!(1999/09/16)

新しいコンテンツ「RARE THING OF GARY」(ゲイリーの珍しい物(直訳(^_^;)))を追加しました。

このコンテンツではゲイリーの今となっては貴重なものを掲載致します。みなさんもゲイリーのレアなものがあったら教えてくださいね。


「ALBUM」をUP!(1999/09/16)

やっと「ALBUM」を更新しました。GARYのすべてのアルバムではありませんが「とりあえず・・・。」と言う感じです。代表曲(?)のイントロをで聴けるようにしました。選曲は私の独断です。(休止しました)


TOP5をUP!(1999/07/28)

とりあえずアルバム部門だけです。


チャットルームを開設!(1999/07/14)

コンテンツに「チャットルーム」を開設しました。みなさんどんどん利用して下さい。


コンテンツ追加の予定(1999/07/02)

コンテンツに「なんでもトップ5」を追加予定。アルバムトップ5、お気に入りの曲トップ5他いろいろやって行きたいと思っております。皆さんのトップ5も教えてください。HPに掲載します。

注)とりあえず私の独断と偏見で選ばせていただきます。


お詫び(1999/05/31)

1年間のご無沙汰しておりました。まだまだ充実した内容でないですが(取り合えず「工事中」はやめたいです。)がんばってUPしたいと思っていますのでよろしくお願いします。m(__)m


早速ですが、HISTORYのページが1987年で止まっております(^^;)。どなたかその後の履歴の資料等をお持ちの方フォローお願いしまーす。