釣れるイカ
 シロイカ(6月~11月)
 スルメイカ(8月~10月)シロイカ仕掛けに釣れてきます
 アオリイカ(9月~10月)水面に浮いてきます。エギを使いサイトで狙います
 コウイカ(6月~7月)シロイカタックルに釣れてきます
 ソデイカ(10月)青物タックルで巨大スッテかデッドベイトで狙います 
釣りのスタイルは?
 スッテ、エギング、イカメタル
 乗合い時、電動リールスッテ仕掛け、エギング、イカメタルなど自由ですが
 潮流の関係で、各釣法共に大型鉛が必要な場合があります 
1、スッテの連掛け仕掛け
 細糸PE1~2号を使い浮きスッテの数も3個程度までが良い
 水深、潮流、使用PE号数、スッテの数など使用鉛は20号~100号までとなります

2、エギング
 PEは03~08号を使い8号~30号の鉛を中錘形式で釣ります
 秋はアオリイカが水面まで上がってきますのでサイトでエギのみで狙います

3、イカメタル
 PE03~06のラインを使い軽い仕掛けで(30g以下)
 一つスッテで使うところに利点がありますが、その条件で出来うる日は限られます
 したがって、20号程度も準備必要となります
 オバマリグ等を使用する場合は
 1つ鉛より1ランク重い物が必要になります  
釣り場 など
 シーズン初期は浅場でアンカー使用
 シーズン中後期はシーアンカーなど場所、時期など諸条件によって使い分ける
 釣り場水深は20~100m
良い条件時は2本竿可能
 例、手持1本、電動置竿スッテ1本 
イカシーズンの複合メニュー
 1、ジグ&イカ 14:00~23:00 ジギングとイカ&アジのリレー釣り
 2、イカ&アジ(シーズン初め) 大型シロイカと大アジ
 3、イカオンリー(シーズン中盤) 中型~小型シロイカの数釣り
 4、イカ&泳がせ(シーズン後半)
   小型シロイカ、スルメイカ、アオリイカ、アカイカ、青物、真鯛を狙います
   ジギングでも青物は良く釣れます
   推薦泳がせタックル
 泳がせ青物取込実績、ヒラマサ15キロ、ブリ13キロ
 群れに当たると船中マルゴ3桁以上(お一人様10~20本)釣れます
 2~4メニュー(1便 夕方~23:00 2便 0:00~夜明け) 
乗合料金
イカ&アジ及びイカオンリー 10000円 最大10名
イカ&泳がせ 12000円 最大7名
ジグ&イカ 14000円 最大10名
 ロッドホルダーあり、リール電源あり 
イカの沖漬け
釣り好きの醤油屋が作った専用醤油
イカの旨みを引き出す逸品です
1.8リットル(税込2300円)
船上での販売可能です
小型のイカを生きた状態で漬け込みます
お酒、ご飯のお供に最高です。
 
注意事項
1、水中に投入可能仕掛けはお一人様、最大2本
  潮条件で1本竿の場合もあります
2、釣り座の場所取り行為禁止
  乗船者間でジャンケン等、相談して決めていただきます
  4~5名グループには左舷か右舷に並んで頂きます
3、乗船、船長到着前の乗り込み禁止
  下船、船のロープを岸壁に固定するまで降りようとして動かない
4、駐車場での夜間の大声禁止、長時間の雑談禁止
5、駐車場及び海にゴミのポイ捨て禁止
6、オマツリ時は、他者の責任と考えず協調性を持つこと
7、船長の指示水深を守る
8、スパイクシューズ禁止