鳥取県東部を走る第3セクター鉄道の若桜鉄道

TEL 0858 82‐0919
wakatetu@infosakyu.ne.jp

SL運行をめざしています

若 桜線SL運行委員会の解散とSL観光列車運行募金の運営主体の変更について
若桜谷を元気にするため若桜線に観光列車を走らそう!とのスローガンのもと、平成24年2月より全国より6,140,548円の貴重 な募金を賜りました。おかげをもちまして、DD16型ディーゼル機関車を若桜鉄道へ寄贈することができ、C12型蒸気機関車と共に構 内での展示運転などを行っております。平成27年4月11日に実施されましたSL&DL走行社会実験では、沿線に集った1万3千人余 りの皆様に2両そろって本線を走行する姿をご披露することができ、観光列車運転に向けて大変心強いデータが得られました。
若桜鉄道が主体となって観光列車運転の実現を推進することを背景に、今後は募金の運営主体を若桜線SL運行委員会から若桜鉄道に移管 し、本募金の正味財産652,821円を若桜鉄道に寄贈することにいたしました。
これまでご協力いただいた皆様におかれましても何卒ご理解いただきますようお願い申し上げますとともに、今後も若桜鉄道へのご支援ご 援助を重ねてお願い申し上げます。

平成27年9月11日 
若桜線SL運行委員会
                    委員長 藤原 源市

4月11日のSL走行社会実験では、多大なるご支援を賜りまことにありがとうございました。
当日は13,468名もの方々にお集りいただき、SLに向って手を振る多数の方々の嬉しそうな顔を見るにつけ、本当にやって良かった と思いました。また、今後この地域を含め鳥取県東部の観光を盛り上げる際に、SLは有効だと確信いたしました。現時点ではSLの定期 運行に目処が付いてはおりません。
しかし、SLを走らせて地域を元気にしようという想いに応えるべく、若桜鉄道としても努力を惜しまない所存です。
 さて、このたび若桜線SL運行委員会様よりお申し出があり、募金を引き継ぐ事となりました。この募金は「若桜線に観光列車を走らせ よう」という主旨にご賛同いただいた皆様の尊い想いが寄せられたとお聞きしております。引き継ぎました募金については、SLの走行や 定期運行に向けた活動に向けて有効に使わせていただく所存です。
また、今後の募金については主旨や方法について住民の皆様や行政の皆様ともお話を続け、決めて行きたく思います。

 若桜鉄道にSL観光列車が運行され、沢山のお客様が来て経済効果を生み出せるようになるには、行政と鉄道会社だけでは難しく沿線住 民の皆様のご理解とご協力が不可欠です。
引き続きの応援を賜りますよう、どうぞお願い申し上げます。

平成27年9月11日 
   若桜鉄道株式会社    
代表取締役社長 山田和昭

今後の募金については銀行振込をご利用ください。
お手数ですがSL運行募金名簿に記入致しますのでご入金の前に必ず、ご氏名、ご住所、お電話番号をFAX又はメールにてご連絡くださ い。   
   株式会社山陰合同銀行 若桜支店(059)
普通口座:3612063
口座名義:若桜鉄道株式会社

問い合わせ先:若桜鉄道株式会社
〒680-0701 鳥取県八頭郡若桜町若桜345-2
電話 0858 82-0919
FAX 0858 82-0045
     E-Mail:wakatetu@infosakyu.ne.jp



↑ PAGE TOP